お知らせ!中小企業、スタートアップ、学生向け知財相談コミュニティ「みんなの知財広場」を開設しました

パクリをすばやく見つけて対処するために!商標モニタリング

目次

商標モニタリングとは?

登録商標の不正使用は、権利者に深刻な経済的損失をもたらす可能性があります。そのため、企業は侵害の兆候をタイムリーに把握し、必要な措置を講じなければなりません。

このような場合に役立つのが「商標モニタリング」です。商標モニタリングは、様々な情報源を追跡・監視し、他者による商標の不正使用の可能性を特定する継続的なプロセスです。

商標モニタリングが必要な理由

商標モニタリングは以下を目的として行われます。

商標の希釈化を防ぐ

同一商品・役務に同一・類似の商標が複数使用されると、商標の希釈化が生じます。したがって、商標権者は、登録商標に類似する新規出願商標や公開商標を特定し、迅速に対策を講じる必要があります。

商標権侵害を防ぐ

企業は、ブランド構築のために多くの時間、労力、資金を投じています。しかし、市場で同一・類似のブランド名やロゴの使用が横行すると、その企業の評判を落とすことになりかねません。商標監視サービスは、このような模倣を特定し、防止する上で重要な役割を果たします。

競合他社の動向を把握する

商標は重要な資産であり、すべてのビジネスにとって、商標分野における競合他社の進捗状況を把握することは重要と言えます。競合他社の商標を監視できない企業は、市場での競争力を失うリスクがあります。

商標権の損失を防ぐ

商標の監視を怠ると、知的財産権の損失につながります。例えば、登録商標に類似したロゴや名称を使用する第三者への対応を怠ると、商標の価値が失われる可能性があります。最終的に、商標は市場における出所識別力を失い、所有者はその独占的使用権を失うことになります。

商標モニタリングの流れ

上記のようなプロアクティブなアプローチにより、法的紛争に発展する可能性のある侵害問題について、ブランドの評判に害を及ぼす前に検出し、対処することができます。商標モニタリングの一般的な流れは以下のとおりです。

STEP
主要商標の特定

まず、自社が所有する商標や、自社ブランドに関連する商標をすべてリストアップします。ブランドを代表する言葉、ロゴ、スローガン、その他の特徴的な要素が対象です。

STEP
監視チャネルの選択

商標の監視には、以下のような様々なチャネルを追跡する必要があります。

商標データベース

政府機関が管理する公式商標データベースに定期的にアクセスし、新しい商標登録出願を検索し、自社登録商標と抵触する可能性のある商標を検出します。

ドメイン名

新しいドメイン登録を監視し、他者が自社の商標と類似するドメインを登録しようとしていないかどうか確認します。

ソーシャルメディアプラットフォーム

ソーシャルメディアプラットフォームにおいて、自社登録商標を無断で使用しているアカウントやページがないか監視します。

オンラインマーケットプレイス

Eコマースプラットフォームで、自社登録商標を使用している製品やサービスがないかチェックします。

ウェブサイトとブログ

ウェブサイトやブログのコンテンツに自社登録商標が無断で使用されていないか監視します。

ニュースと出版物

ニュース記事、プレスリリース、その他の出版物において自社登録商標についての記載を監視します。

STEP
自動監視ツールの利用

多くの企業が、監視プロセスを自動化する専用ソフトウェアやサービスを使用しています。これらのツールは、オンラインおよびオフラインの幅広いソースを追跡するのに役立ち、作業を効率化することができます。

STEP
レビューと分析

様々な情報源から情報を収集したら、調査結果をレビューし、商標侵害や不正使用の可能性があるかどうかを判断します。

STEP
アクション

調査結果の重大性に応じて、以下のような様々な措置を講じることができます。

商標権侵害警告書(通知書・内容証明)

商標権侵害の事例を発見した場合、商標権侵害者に対し、商標の使用を停止するよう要請する文書を送付します。

法的措置

より深刻なケースでは、商標権侵害訴訟を提起するなど、法的措置を取る必要があるかもしれません。

ドメイン名紛争

自社登録商標に類似したドメインが登録された場合、ドメイン紛争解決手続を実施します。

文書化

監視活動、発見した事例、実施した措置の詳細について記録します。この記録は将来、商標の所有権や保護を証明する必要が生じた場合に役立ちます。

STEP
定期的な監視

中国などの広大な市場では、商標事情は急速に変化する可能性があります。新たな展開や潜在的な侵害源に適応するため、モニタリング戦略を定期的に更新します。

まとめ

デジタル環境は動的であり、新たな侵害の可能性が次々と発生する可能性があり、商標モニタリングは継続的に行うのが望ましいと考えます。競争が激しい市場では、定期的な商標モニタリングが特に重要です。商標モニタリングによって、ブランドのアイデンティティと評判を保護しながら、不正使用に対して迅速に対処することができます。IPアドバイザリーでも、世界の商標モニタリングサービスを提供しています。お気軽にご相談ください。

株式会社IPアドバイザリー
石川県白山市で伴走型の中小企業知財支援を行っています。DXに伴う知財活動支援、知財コンサルティング、発明発掘、特許出願支援、特許調査、特許翻訳サービスをワンストップで提供しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次